紫草

きもの文化検定 公式教本2

【II 日本の伝統色・紫系&紫根】 ~紫の上~

更新日:

Pocket

紫色の染料となる「紫草」

毎年6月頃に 白い 可憐な花を付けます。

 

紫草なのに、白???

 

実は、根 に、

紫色の色素が含まれているのです!

紫根(シコン)と言います。

 

私の好きな色です。

なので、自然と着物も小物も紫系が増えてしまいます。

 

今回は「きもの文化検定公式教本2」の「日本の伝統色」より、紫系の色についてまとめました。

 

紫系

聖徳太子の活躍した時代に、官位に合わせて色が定められた時、最上位の地位を象徴するのが紫色。

二藍(ふたあい):紅花を組み合わせて染めた紫色

藤色:淡い青みのある花の色

紫色:紫草の根から抽出された染液

葡萄色(えびいろ・ぶどういろ):赤みがかった紫色

菫色(すみれいろ):やや濃いめの紫色

減紫(けしむらさき):くすんだ灰色がかった紫色

 

 

紫根(しこん)

紫根(紫草の根)を掘り起こす
  ↓
水で綺麗に洗い、乾燥させる
  ↓
乾燥させた根をお湯につける
  ↓
石臼に入れ、杵でつき砕いてつぶす
  ↓
麻袋に詰め、55度のお湯につけ手でもむ
  ↓
色素が湯の中に出てくる
  ↓
色が出なくなると石臼に戻し杵でつぶすことを3回位繰り返す
  ↓
染料(紫色の液)の中に布や糸を入れて染める
  ↓
水洗いして媒染液の中に入れると紫いろに発色
   *媒染液:椿の枝葉を燃やした灰汁
   *椿の灰汁にはアルミニウム塩が含まれていて、繊維に色を定着させる働きをする

 

 

 

メイ
紫色の色素は損なわれやすいし、濃い色にするには、繰り返し染め重ねないといけないんだよ。

のえぽん
手間がかかるのね!

メイ
紫は染色技術の中でも、最も手間がかかるから高価なんだよ。

 

 

[きもの文化検定3級]
 聖徳太子が活躍した時代の最上位の地位を象徴する色目は?

(1) 朱
(2) 白
(3) 紫
(4) 黄

解答 (3)

 

 

[きもの文化検定3級]
 紫草にはどの部分に紫色の色素が含まれているか?

(1) 花
(2) 葉
(3) 茎
(4) 根

 

 

解答 (4)

 

 

 

[きもの文化検定3級]
 植物染に使われる紫草について誤っているものは?

(1) 紫草の根に含まれる成分は、漢方薬としても利用される。
(2) 紫草から得られる色素は損なわれやすい。
(3) 一度では濃い色に染まらず、濃い色に染めるには何度も繰り返し染める。
(4) 染める際の媒染剤として、桜の木の皮を乾燥させて使うのが最適である。

 

 

解答 (4)
解説:媒染剤は、椿の枝葉。椿の灰汁にはアルミ成分が多く含まれているから。

 

 

おまけ ☆ 紫の上 ☆

紫と言えば、源氏物語!

 

源氏物語の作者は、紫式部という女性なのですが、

これは本名ではなく、

源氏物語の中の、紫の上から、

一文字取って名付けられたのです。

 

源氏物語の登場人物の中で

「紫の上」は、一番ファンが多い。

 

紫の上は、当時の人々にとって、

もっとも理想的な女性として描かれ、

愛されてきた女性。

 

それは、源氏物語が、

時の権力者、藤原道長の娘の中宮彰子の為に書かれたからで、

帝の寵愛を得て、子供を産み、

より高い身分と権勢を手に入れる為に、

理想的な女性を描く必要があり、

紫の上に、もっとも理想的な女性の姿が託されているからなのでしょうね。

 

→源氏物語 「紫の上」

 

紫の上、完璧です!

やっぱり男性はこういう女性が理想なのかなぁ?

と思いますが、、、。

私には、ちょっと無理かも。

私は「私らしく」でいきます!!

 

Pocket

-きもの文化検定, 公式教本2
-, , ,

Copyright© 着物の世界を旅する勉強サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.