きもの文化検定

きもの文化検定

2018年・きもの文化検定 対策

更新日:

Pocket

きもの文化検定とは

「きもの文化検定」は、きものを学ぶことを通して「きもの文化」への理解を深め、もっと「きもの」に親しんでいただくことを目的としています。

主催:一般社団法人 全日本きもの振興会
後援:農林水産省・経済産業省

→きもの文化検定公式サイト

《受験資格》
学歴・年齢・性別・国籍は問いません。誰でも受験できます。

 

*着物を着られるようになるための技術や知識ではなく、着物全般に対する知識を深める検定なので、きもの文化検定の試験会場には着物を着て来る必要はありません。

 

最新の日程

《きもの文化検定の秋日程》
平成30年11月4日(日)

→きもの文化検定 受験申込要項

*申し込みの受付は9月11日で終了しました。

受験地:札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・京都・大阪・奈良・岡山・広島・福岡・沖縄

検定内容・試験方式・合格基準

◆5級・4級  (同一問題)

・きもの文化検定公式教本 I の中から90%以上を出題
・四択マークシート方式
・100問以内
・60分
・合格基準
       5級・・・60%以上70%未満の正解
       4級・・・70%以上の正解
・受検料(税込)  4200円

 

◆3級

・きもの文化検定公式教本 I・II の中から90%以上を出題
・四択マークシート方式
・100問以内
・90分
・合格基準:70%以上の正解
・受検料(税込) 5300円

 

◆準2級・2級 (同一問題)

・きもの文化検定公式教本 I・II の中から70%以上を出題
・文言選択・記述式
・100問以内
・90分
・合格基準
   準2級…60%以上70%未満の正解
   2級……70%以上の正解
・受検料(税込) 8400円

 

◆準1級・1級 (同一問題)

・きものに関するすべての範囲から出題
・「源氏物語 巻七 柏木」より5%
・文言(語彙)記述、文章記述方式
・100問以内
・90分
・合格基準
    準1級…60%以上70%未満の正解
    1級……70%以上の正解
・受検料(税込) 9500円
   (3回目以降は6300円)

 

傾向と対策

きもの文化検定公式教本・問題集

◆きもの文化検定公式教本 I (5・4級)

「きものの基本」の内容
・きもの・帯・小物・羽織・コート
・男のきもの
・子供のきもの
・きものの主な産地と特徴
・きものの歴史
・日本の色・文様・紋
・収納と手入れ
・美しい立ち居振る舞い

などです。

きもの文化検定の試験問題はほとんどが、「きもの文化検定公式教本」からの出題とされているため、受験級に合わせた「きもの文化検定公式教本」を丁寧に学習することがベストの選択です。
きもの文化検定5級と4級は平成18年より実施された検定試験です。試験は「きもの文化検定公式教本Ⅰ」の中から90%以上が出題されますので、難解な試験ではありません。

「きもの文化検定公式教本 I 」のまとめサイト
→こちら

 

◆きもの文化検定公式教本 II (3級〜)

「きもののたのしみ」の内容

・染めと織り、産地
・糸と白生地
・日本の伝統色
・きものの歴史と模様
・仕立て・小物・悉皆

などです。

*写真の注釈部分から出題されることもあるので、隅から隅までしっかり読んで下さい。

→きもの文化検定公式教本

 

◆過去問題集(1冊に全級含まれている)
 古い問題集は安売りされています。(100円~)
 各問題集のコラムから出題されることもあります。
 →過去問題集

きもの文化検定の過去問を解くことで、出題の傾向がわかります。
よく出題されるところなどを重点的に効率よく暗記します。

 

 

◆参考図書
・ひと目でわかる「きもの用語の基本」
・格と季節がひと目でわかる「きものの文様」
・ひと目でわかる!保存版「帯の基礎知識」

 →参考図書

 

きもの文化検定の参考図書は現在3冊指定されています。
試験対策としては、受験級に関係なく参考図書は全部読み、出来る限り覚えてしまうことです。

 

 

きもの文化検定 各級の合格率

2018年11月 第13回きもの文化検定試験結果

●1級・準1級  41%
  申込者数:236名 合格者数:97名 (1級42名・準1級55名)

●2級・準2級  67%
  申込者数:295名 合格者数:199名 (2級143名・準2級56名)

●3級      50%
  申込者数:729名 合格者数:366名

●4級・5級    87.5%
  申込者数:648名 合格者数:683名 (4級508名・5級59名)

 

合格対策セミナー

毎年、きもの文化検定受講者を対象に合格対策セミナーが開講されます。

1級、2級試験向けの講義では各分野の専門家が過去に出題された試験問題や傾向を分析した上で、出題が予想される内容について重点的に講義をします。
3級試験向けの講義では、3級試験に合格するための知識だけでなく、きもの文化検定の学習方法についても伝授します。
きもの文化検定に合格された多くの方が、受講されています。
出題予想ポイントを効率よく習得できます。

◆開講地:東京・京都

◆開講日:9月

◆申込み:7月

◆受講料
 ・1級:各5,000 円
 ・2級: 10,000 円
 ・3級: 4,000 円

◆講義内容

《1級》
・西陣織と紋織物
・小袖と文様の歴史
・仕立て
・小紋・型染

《2級》
・織の産地とその特徴・仕立て、悉皆、染のきもの

《3級》
・染・織・悉皆

工房見学会

《恒例の夏の工房見学会》

大島紬発祥の地、奄美大島で行います。

◆日程:7月3~5日

◆参加費:35,000円(交通費・宿泊費は含みません)

◆申込資格
・第13回きもの文化検定の受験申込をされた方
・きもの文化検定1級の合格者

→工房見学会

 

《沖縄会場限定の工房見学会》

◆日程:11月5日

◆参加費:1,500円

◆申し込み資格
・沖縄会場受験者(備考欄に参加希望記入)

→工房見学会

 

きもの文化検定の勉強を継続するには

Blog

◆Blogにて、きもの文化検定に出題されるポイントや練習問題が勉強できる!
 → きもの文化検定の勉強サイト

 

Twitter

◆twitterにて、きもの文化検定の知識が増えるワンポイント発信中!
 → きものスタディ

 

Line

◆Lineにて、着物の世界を旅する勉強仲間♪募集中♪    

友だち追加

 

Pocket

-きもの文化検定
-,

Copyright© 着物の世界を旅する勉強サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.