「 月別アーカイブ:2018年11月 」 一覧

東京タワー

【II 東京友禅など】東京・静岡・大阪

「東京」っていうと、ものすっごく都会!なイメージがありますが、 以外に染色も盛んなんですね。   かつては日本染色産業の三大産地として京都、金沢と並ぶほどの規模を誇っていたとか。 はじめは神 …

岩手 小岩井農場

【II 南部紫根染】岩手 「南部」は人の名前だった~

 ↑ 小岩井農場の一本桜🌸 スーパーでよく見かける牛乳パックの「小岩井農場」って、 岩手県だったんですね♪   岩手と言えば、何を思い浮かべるでしょうか? 建物なら、中尊寺金 …

沖縄 屋根 シーサー

【II 琉球絣】沖縄だけで栽培!琉球藍

  染色の宝庫といわれる沖縄には、個性的な織りや染めがたくさんあります。 唯一の染めは、「紅型」ですが、 織りの代表といえば、「琉球絣」   琉球絣の90%が、南風原町で織られてい …

雪

【II 小千谷縮】無形文化財の5つの条件

新潟と言えば、「雪」「米」「酒」などのイメージが強いですよね。 魚沼産のお米とか、もうスーパーでは別格のお値段です。 実は、新潟の織物の産地も 魚沼の近くが多いのです。 なぜか・・・? それは、雪がた …

京都

【II 西陣織】ジャカード機が日本に伝わったわけ

  「京の着倒れ大阪の食い倒れ」と言うように、都人は着物のためなら金に厭目をつけません。 それでいてお金がかかっていることを表に出さないのは、京都ならではの奥ゆかしさかもしれません。 西陣織 …

シーサー

【II 琉球紅型】幻の琉球料理ルクジュー!

  青い海や空、輝く太陽、色鮮やかな花に緑濃い山の植物…。 自然の色彩を原料に、一つひとつ手作業で生まれる美しい色合いの紅型は、沖縄県内外を問わず、多くの人を惹きつけています。   …

友禅

【II 友禅染】茶屋辻は茶店じゃない!

  「きもの」と言われて、一番にイメージするのは友禅染の着物ではないでしょうか? 美しいですよね♡   友禅染は、染めの着物に模様をつけるための代表的な技法のひとつで 京都で作られ …

十二単

【きものの歴史】時代の順番暗記法(歴史苦手な人向け)

  歴史、、、。 れきし、、、ひらがなで書いても簡単になってくれるわけではありません。   私の一番、苦手な項目で、後回しになっておりました。 たぶん、毎回、歴史関係は間違えていた …

色

【日本の色】不言色(言わぬ色)って何色?

  不言色(言わぬ色)ってどんな色かご存知ですか? 言えない色って、どんなの?   日本の色の名前って、ものすっごく沢山ありますよね。 そんなに使い分ける⁉っていうく …

丸窓

【きもののコーディネート】佐賀錦はキラキラ☆

  お着物のコーディネートって難しいですよね。 でも、難しいだけに、褒められると嬉しい♪ 私は以前、大寄せのお茶会で、見ず知らずの方に「素敵なコーディネートですね」と言っていただき、とても嬉 …

Copyright© 着物の世界を旅する勉強サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.