「 2級 」 一覧

伸子張り

悉皆(しっかい)

悉皆 悉皆(しっかい)とは、「一つ残らずことごとく」という意味。   誂染(あつらえぞめ) 自分の寸法や年齢に合わせた色柄で一から染める。 白生地の地紋を選んだり、きものの色柄を決めたりする …

ヴィーナス誕生

きものの文様〈貝〉

  我が家の壁に、大塚美術館で購入した、この絵が飾ってあります。 イタリアの画家、ボッティチェリの「ヴィーナス誕生」。 ヴィーナスが台にしている貝、実は、ほたて貝なんです。 日本のほたて貝と …

龍

男女の羽織 ~額裏~

女性用の羽織と男性用の羽織、 ほとんど同じですが、ちょっとだけ違うんですね♪   羽織(女性用)   *男性用と違うのは「身八ツ口」があること。   羽織(男性用) &n …

紅花

【II 日本の伝統色・赤系&紅花】 ~末摘花~

赤といえば、紅花。   紅花の別名は 「末摘花(すえつむはな)」 花が茎の末の方から咲きはじめるのを 順次摘み取るところに由来するそうです。   「末摘花」というと 源氏物語を思い …

天橋立

【II 白生地】ちりめん

  日本三景といえば、 ・日本海の天の橋立 ・太平洋の松島 ・瀬戸内海の宮島 です。 どこも魚介類が美味しそうですぅ!   百人一首にも詠まれた 天の橋立があるのは、京都の丹後。 …

京都

【II 西陣織】ジャカード機が日本に伝わったわけ

  「京の着倒れ大阪の食い倒れ」と言うように、都人は着物のためなら金に厭目をつけません。 それでいてお金がかかっていることを表に出さないのは、京都ならではの奥ゆかしさかもしれません。 西陣織 …

シーサー

【II 琉球紅型】幻の琉球料理ルクジュー!

  青い海や空、輝く太陽、色鮮やかな花に緑濃い山の植物…。 自然の色彩を原料に、一つひとつ手作業で生まれる美しい色合いの紅型は、沖縄県内外を問わず、多くの人を惹きつけています。   …

友禅

【II 友禅染】茶屋辻は茶店じゃない!

  「きもの」と言われて、一番にイメージするのは友禅染の着物ではないでしょうか? 美しいですよね♡   友禅染は、染めの着物に模様をつけるための代表的な技法のひとつで 京都で作られ …

Copyright© 着物の世界を旅する勉強サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.